整備 アフターサービス

定期点検整備について

自働車の使用者は、日常点検整備や定期点検整備を確実に実施するとともに、使用状況に応じて適切に保守管理を行う必要があります。
どういうところを点検・整備するのか

定期点検では、プロとしての知識と技術を生かしてきびしくチェックし、必要に応じて整備を行います

■かじ取り装置

ハンドルの操作具合  ロッド、アーム類の緩み、がた、損傷の点検

■制動装置

ブレーキのきき具合の点検

■制動装置

ブレーキ・パッドの摩耗の点検
ブレーキ・ディスクの摩耗、損傷の点検
ディスク・キャリパの液漏れ、機能、摩耗、損傷の点検

■走行装置走行装置

ホイール・ベアリングのがたの点検

■緩衝装置

サスペンション取付部、連結部の緩み、がた、損傷の点検
ショック・アブソーバの損傷、オイルの漏れの点検

■動力伝達装置

ドライブ・シャフトの連結部の緩みの点検

■点火装置

点火プラグの状態・点火時期の点検

■原動機

排気ガス・テスターを使ってのCO、HCなどの点検

■車検の必要性

普通車では新車であれば購入した3年後に初回、それ以降は2年毎に1度、安全な道路の走行の可能を定める道路運送車両法の保安基準を満たしているかどうか検査することを義務付けたものです。

専門の知識を持った人間でなければ細かい不具合や消耗の具合まではなかなか把握しきれません。

自動車の部品の中には法律によって特定の認証を持った整備工場でなければ 分解してはいけないようなものも沢山あります。

そういった意味でも専門機関で車の検査を受けることはとても大切なことなのです。

——————————————————————————-
■車検を受ける際の費用の内訳

車検の費用には、車の点検・整備に必要な技術料金と部品代などの点検・整備料金の他に、自動車重量税、自賠責保険料、検査手数料などの税金等の諸費用がかかります。

点検・整備料金

点検技術料金

定期点検で義務付けられている項目の点検を行う技術料金
整備技術料金

点検の結果、整備が必要な箇所の整備を行う技術料金

お客さまのご用命により行う整備の技術料金

部品・油脂代金

使用部品、エンジン・オイル等の代金

保安確認(検査)料金

検査機器等を使用して基準に適合しているかどうかの確認を行う技術料金

その他

税金等の諸費用

自動車重量税

車検時に国に納める税金

自賠責保険料

自動車使用者が必ず入らなければならない法律で定められている強制保険の保険料

検査手数料

検査を受け、自動車検査証の交付を受けるための国に納める手数料

このほか、検査代行手数料や消費税が必要です。